言葉×心理技術×パフォーマンスで自己実現に導く トランスフォーメショナルコーチ®石倉美佳のホームページです。

プロフィール


  
石倉 美佳(いしくら みか)
トランスフォーメショナルコーチ®※
※梯谷幸司氏によるコーチ養成プログラム「シークレットスライト・オブ・ランゲージ」第8期修了
元JAL国際線先任客室乗務員 兼 教官/機内アナウンスインストラクター
都内クリニック 特別印象外来 笑顔トレーナー
 
  
北海道出身
JAL客室乗務員として24年間勤務。チーフとして乗務し、訓練教官やアナウンスインストラクターとしても、接客・教育に邁進。経営破綻を機に、転職。リクルート受付マネージャ―として企業受付の教育・印象改善に貢献。その後、ジェットスタージャパン初期のチーフ(CSM)として乗務したのち、春秋航空日本の教官としてLCCを立ち上げた。
 
  
頑張る人というレッテルを守り続けて・・・
「頑張り続けなければ、自分の価値がなくなってしまう」とでもいうかのように、とにかく働き、業績を上げ、成果を出し続けました。
薄々、この生き方は何かが違っていると気付いていました。

そして、転職もしましたが、その無意識に染み付いた「頑張るパターン」を繰り返し、
LCCを立ち上げた後、ついにバーンアウトしてしまいました。
  
自分が何を好きで、何が嬉しいのか、全く思い出せず、
「一体私は何をしているの?何をしたいの?私がやりたいことは何だろう?」と途方に暮れました。

それは真剣に
「本当(・・)の私の本当(・・)」を問う日々の始まりでもあったのです。

  
不自由な思い込みによる囚われからの脱出と解放
迷い子になった私は、それからNLPやLABプロファイル®、心理カウンセラー養成講座などを学び始め、ついに、梯谷幸司氏のシークレットスライト・オブ・ランゲージに出逢いました。

その学びの中で、これまで自分を「本当の気持ち」から隔離し、
「楽しいよりも正しい生き方」を続けさせていた
実に不自由な思い込みの数々に気付きました。

そして、これらを一つ一つ手放し、
自分を不自由な思い込みによる囚われの身から脱出させ、解放していったのです。

  
「~ねばならない」「こうあるべき」「こうあってはならない」の世界からの脱出と解放。
それは「こうあってもいい」「そうでなくてもいい」「どんな自分もゆるす」「いいんだよ、それで」の始まりです。
  
—————————
  
自分の経験・体験・学びと技術を活かし、コーチとして活動を開始しました。
個人セッションに加え、梯谷礼奈氏のアシスタントをしています。
クリニックでは、航空会社時代の技術と心理技術を融合させた独自の手法で、印象がガラリと変わるパフォーマンス外来が好評です。

一般社団法人からの依頼を受けて、「生涯現役、元気で生きる」自分でいるためのワークにも発展しています。
「言葉の遣い方」講座では、ワークをしているうちに自分の想いに気付いて変容を遂げる参加者がいます。